トナー買取

お得なコピー機

お得なコピー機は、本体価格と維持経費(カウンター契約やキット契約)が
両方安いのがお得になります。

本体が安くても保守契約で高めに設定される
一番多いのが

保守契約のカウンターを安めに設定して
本体をリース契約にして値引きを少なく販売されるパターンです

結果、トータルで何も安くなっていない
本体と維持経費両方から分析するのがお得なコピー機の買い方です。

コピー機仕組み


コピー機1枚価格

コピー機1枚価格、本体価格を含まないで
1枚あたり3円〜9円あたりが一般的な価格幅ではないでしょうか

未使用トナー年数

未使用トナーの年数は、保管場所や
未使用の時のケアによって変化します。

メーカーなんかでは、1年ほどの答えが返ってきそうですが
未使用トナーを丁寧に保管すれば年数は

もっとあがると思います。しかし
未使用トナーを売る場合は、

そのトナーが使われる時に不良品とならないように
細心の注意が必要です

トナー裏ルート

トナー裏ルートを知るのは
こちら
トナー比較

リサイクル複合機耐用年数

リサイクル複合機の耐用年数
これは一言では答えれないですね

そもそも複合機の耐用年数自身も定かではないのではとふと思います
アナログコピー機なんかで10年や20年使っているところも現実にあります

しかし、これはまずメーカーが部品を供給できる年数も必要ですよね
部品がなければ使えなくなるかもしれません

リサイクルということは中古なので
前に使っていたオフィスの乱雑度も気になりますね

いろんな人がコピーすれば雑に扱われ気味です
また、販売者の引渡しの時のメンテナンスの深さもどうなんでしょう

徹底的にメンテしたのか
基本引渡しなのか

販売者にどこまで面倒見てくれるのか相談するのが
一番話が早いと思います。

コピー機耐用年数

コピー機の耐用年数、それなりに大事に使えば
10年、20年と使用できるかもしれません

現に20年以上使用している方はいます
ただ、使わなくても劣化するゴムなんかは交換していかなくてはなりません

また、メンテナンスでメーカーや購入した販売店が
20年後も出来るかどうか確認も必要かもしれません

部品は、メーカーが例えば7年とか期限をきっています
極端なことをいえば8年目に修理になりましたが

部品の供給が終わりましたとなれば
他は問題なくても使えなくなる可能性がでます

※よくあるのが5年周期で買い替えさせるっていう暗黙の了解みたいなのが

コピー電力

コピー機の消費電力は機種によって差があります。
スペックが大きい(価格が高い)機種になるほど消費電力も比例します。

例えばA3オフィス対応コピー機で
最大消費電力でも1時間40円前後

スモールオフィス対応の小型コピー機なら
17円ほどで

待機している場合など小電力の場合
1-2円ほどでしょうか?

家庭用コピー機

家庭用コピー機は、最も小型のコピー機です。
キャノン、ゼロックス、シャープなど販売してますが

ゼロックスはキャノン製品、シャープは家庭用コピー機撤退と
ほとんどのメーカーが製造しなくなりました

ミニメンテナンスシャープコピー機

シャープ以外のメーカーにも存在するのですが
コピー機のミニメンテナンス

故障ではないのですが
定期健診という感じでしょうか?

通常ミニメンテナンスマークが点灯すれば
(太陽マークや人マーク)

メンテナンス会社やメーカーに電話すれば
サービスマンが訪問後ミニメンテマークを

シュミレーションで解除
だいたいトナー切れと連動することも多いので

サービスマンがトナーを提げて
ミニメンテ解除ってパターンも。。

ミニメンテナンスシャープコピー機で点灯すれば
コピー機は連続刷りが出来なくなります。

解除すれば連続刷りが復活します。
なので連続刷りの必要がなければ

とりあえずはそのまま使っていけます
シャープコピー機ミニメンテナンス解除方法は、

枚数指定している数字や#を数回押して
ミニメンテマークを解除します。

先の通り、通常はメーカーやメンテ屋が行います
しかし、安いトナーを使用した場合や

中古コピー機を買った!譲り受けた場合など
自力で行わなければならない場合があります。

他にも、これ重要かもしれません
シャープコピー機のミニメンテナンスで思うこと

通常のようにミニメンテマークが出て
メーカーに解除依頼その時トナーとセットで交換されている方

要注意です。
というのもトナーカートリッジにまだ粉が。。

トナーがあるのに
ミニメンテマーク解除と新品トナー交換して

トナーがまだある古いカートリッジは
サービスマンが処分するため持ち帰る

これは、損してますよね
もしこんな経験があれば

遠慮なく相手に
確認することです。

ただでさえ高価なコピー機関連事業
損させられるのは割が合いません

関連
SF1125,SF1025,ARS162,AR163FG

コピー用紙

コピー用紙は、高品質がいいと考えています
コピー用紙の経費削減を思いつく会社は多い

もちろん基本的には賛成です。
しかし、安易に安いコピー用紙はどうかと?

コピー用紙の通販やホームセンターなんかは
安いコピー用紙を置いているイメージですが

輸入紙だったら安くても魅力を感じません
コピー用紙は、手で触る、外部資料に使うなど

コピー機やトナーに比べれば
ある意味重要な役割でもあります。

何がいいたいのか?
コピー機やトナーは、経費削減しても

コピー用紙は上等な紙を使おう!ってことです。
意外とコピー機やトナーの経費削減は疎かで

用紙に経費削減している会社や役所なんか多いのでは。。
コピー用紙をいくら経費削減しても

そんな大きな金額にはなりません
むしろ、コピー機自身を基礎知識をつけて

吟味することが
とても大事です。

輸入紙特徴

安い
異常に白い
紙粉が出る
手になじまない
外箱が変
見れば誰でもわかる
など
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。